この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

キリスト教史に学ぶ多文化共生

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018全学部共通カリキュラム総合系科目(2016~)藤崎 衛
月・1
M302池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    キリスト教史に学ぶ多文化共生(Religions and Diversity: Convivial Wisdom of Christianity)

  • テーマ/サブタイトル等

    古代・中世のキリスト教における自己認識と他者認識

  • 担当者

    藤崎 衛(FUJISAKI MAMORU)

  • 備考

    2016年度以降1年次入学者対象科目学びの精神科目

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP1100

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)50%
    平常点(In-class Points)50%小テスト(10%×5回)(50%)
  • 授業の目標

    ヨーロッパの精神と文化を支えてきたキリスト教について自己認識と他者認識、受容と排除という観点から説明し、古代から中世にかけてのキリスト教史における多文化共生の在り方とその潜在的可能性について幅広く考察する。受講者は理解した内容と考察の過程を論理的かつ客観的に表現できるようになる。

  • 授業の内容

    古代地中海世界および中世ヨーロッパのキリスト教徒が向き合う現実は多様であった。そのようななか、彼らが多文化共生にかかわる事象や問題をどのように捉え、どのように対処しようとしていたのかを、自己認識と他者認識という観点のもとに、具体的な歴史的事象をとりあげつつ検討する。

  • 授業計画

    1.  イントロダクション―中世ヨーロッパのキリスト教
    2.  キリスト教とユダヤ教(1)
    3.  キリスト教とユダヤ教(2)
    4.  キリスト教とイスラーム(1)
    5.  キリスト教とイスラーム(2)
    6.  キリスト教的ヨーロッパとアジア世界(1)
    7.  キリスト教的ヨーロッパとアジア世界(2)
    8.  正統と異端(1)
    9.  正統と異端(2)
    10.  キリスト教と異教・迷信(1)
    11.  キリスト教と異教・迷信(2)
    12.  東方教会と西方教会(1)
    13.  東方教会と西方教会(2)
    14.  総括
  • テキスト

    特に指定せず、プリントを配布する。

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    授業時に指示する参考文献などをもとに予習および復習に取り組む。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています