この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

文学部 / 文学科日本文学専修

演習 E5

年度・学期コマ教室
2018 / 春月・5
5215
講師キャンパス備考
鈴木 彰
池袋特になし
まだレビューがありません😭
  • 科目コード/科目名

    AT105/演習 E5(Seminars E5)

  • テーマ/サブタイトル等

    『宇治拾遺物語』精読

  • 担当者

    鈴木 彰(SUZUKI AKIRA)

  • 備考

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    JAL2310

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%発表の内容(40%) 、各回のコメントの内容(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
  • 授業の目標

    十三世紀に成立した説話集である『宇治拾遺物語』からいくつかの説話を取りあげ,その内容を多角的に読み解く力を身につけるとともに,中世文学にあらわれた表現・言説の特質について理解する.

  • 授業の内容

    はじめに『宇治拾遺物語』について概説し,演習の進め方について説明する.その後,担当者を決め,発表と質疑応答を重ねていく.担当者は,諸注釈や先行研究を参考にしながら,表現の特質,物語の構造,類話との比較,説話を生み出しはぐくんだ環境などについて,それぞれの観点から分析と調査を進めて発表する.参加者全員のていねいな読解によって,説話のさまざまな魅力を掘り起こしていく.

  • 授業計画

    1.  共通課題の確認,発表・調査方法等の指示
    2.  発表・調査方法等の指示,『宇治拾遺物語』概説
    3.  担当者による発表と討論1
    4.  担当者による発表と討論2
    5.  担当者による発表と討論3
    6.  担当者による発表と討論4
    7.  担当者による発表と討論5
    8.  担当者による発表と討論6
    9.  担当者による発表と討論7
    10.  担当者による発表と討論8
    11.  担当者による発表と討論9
    12.  担当者による発表と討論10
    13.  担当者による発表と討論11
    14.  担当者による発表と討論12,まとめ
  • テキスト

    プリントを使用する.

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    517lzmywzgl. sl160 『宇治拾遺物語 古本説話集』(新日本古典文学大系
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    三木紀人・浅見和彦他岩波書店ISBN4002400425

    その他は授業中に指示する.

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    各回で扱う説話を事前に下読みし,疑問点などを整理してくること.
    発表・レポート作成のための準備は時間がかかるので,できるだけ早く始めること.

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業