Kinkura2

この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018経営学部経営学科尾﨑 俊哉
金・3
D301池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    自動登録/国際経営論(International Business)

  • テーマ/サブタイトル等

    企業は多様な国々とどう向き合うか

  • 担当者

    尾﨑 俊哉(OZAKI TOSHIYA)

  • 備考

    国際経営学科2年次生クラス

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    GBU2000

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    平常点(In-class Points)100%ミニテスト(1)(35%) 、ミニテスト(2)(35%) 、アンケート(20%) 、授業内ディスカッションへの貢献(10%)
  • 授業の目標

    1)企業が国際化する,とはどのようなことかについて知る
    2)企業の国際化を分析するために必要な,理論的枠組みを学ぶ
    3)国の違い(National Difference)と企業の戦略との間に,どのような関係があるかについて理解する

  • 授業の内容

    企業が海外に進出するとは,どのようなことなのか。海外に進出しない企業でもグローバル競争に巻き込まれるのは,なぜなのか。私たちが,旅行で海外へ行くのと,仕事で行くのとでは,なにがどう違うのか。国際経営と国内経営は何が,なぜ,どう違うのか。ビジネスにとって,国の違いのどのような点が問題となるのか。
    これらの疑問をきっかけに,国際経営について,具体的な事例と理論的な枠組みを広く学びながら,考える。ビジネスがグローバル化するとは,どのようなことなのか,また,ビジネスを国際的に展開するために何が必要か,について,具体的な事例と理論的な枠組みを広く学びながら,考える。

  • 授業計画

    1.  はじめに:経営とはなにか?国際経営論の前提としての「経営戦略論」
    2.  企業にとって,国の違いは何を意味するのか(1):正式な違い
    3.  企業にとって,国の違いは何を意味するのか(2):見えない違い
    4.  企業にとって,国の違いは何を意味するのか(3):ジレンマ
    5.  ゲストスピーカー
    6.  ミニテスト(1)
    7.  企業は,違いをどう使えばよいか(1):モノの流れ(貿易)
    8.  企業は,違いをどう使えばよいか(2):おカネとノウハウの流れ(直接投資)
    9.  企業は,違いをどう使えばよいか(3):為替
    10.  違いを活かす戦略(1):経営戦略
    11.  違いを活かす戦略(2):市場参入戦略
    12.  違いを活かす戦略(3):製造・販売・人事
    13.  ミニテスト(2)
    14.  総括
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    Global Business Today 9th EditionCharles HillMcGraw-Hill Irwin

    Blackboard上に適宜,必要なテキストを紹介します。

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    教科書を事前に読んで授業に臨むこと。Blackboardを使って予習・復習を行う。

  • その他(HP等)

    国際経営学科で秋学期に開講する自動登録科目 International Business-A および 同-B と同じ教科書(英語)を使って,日本語で国際経営に関する理解を深め,秋学期への準備を行う。

  • 注意事項

Kinkura2
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています