この授業は過去の授業です。最新の授業は、こちら

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018法学部法学科・国際ビジネス法学科・政治学科原田 久
月・5
8304池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    EX262/行政学1(Public Administration 1)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    原田 久(HARADA HISASHI)

  • 備考

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2600

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 授業の目標

    この授業では,受講生が興味深い行政現象を記述し分析する能力を身につけることを目標とする。

  • 授業の内容

     行政学は,「有権者」としての視点(制度論),「納税者」としての視点(管理論),及び「消費者」としての視点(政策論)という3つの視点から行政現象に複眼的にアプローチする学問である。このうち行政学1では,上記アプローチに対応した3つのパートのうち,制度論及び管理論の一部を取り上げる。各パートでは,行政現象についての興味深いパズルを設定した後(1週目),これを分析する(2週目)。
     なお,行政学2をあわせて受講することが望ましい。 また,受講にあたっては,過去の授業評価アンケート結果を参考にすること(http://www2.rikkyo.ac.jp/web/haradahi/)。

  • 授業計画

    1.  行政学入門1:何を学ぶのか?(行政学の体系)
    2.  行政学入門2:どうやって学ぶのか?(行政学の方法)
    3.  制度論1:官民関係論─規制改革はなぜ進まないのか? 前編
    4.  制度論1:官民関係論─規制改革はなぜ進まないのか? 後編
    5.  制度論2:政官関係論──政治家は幹部職員人事権をなぜ抑制的に行使するのか? 前編
    6.  制度論2:政官関係論──政治家は幹部職員人事権をなぜ抑制的に行使するのか? 後編
    7.  制度論3:行政組織論──内閣官房・内閣府はなぜ肥大化したのか? 前編
    8.  制度論3:行政組織論──内閣官房・内閣府はなぜ肥大化したのか? 後編
    9.  制度論4:公務員制度論──人事院はなぜ廃止されなかったのか? 前編
    10.  制度論4:公務員制度論──人事院はなぜ廃止されなかったのか? 後編
    11.  管理論1:財源管理論──日本の財政赤字は先進国でなぜ最悪なのか? 前編
    12.  管理論1:財源管理論──日本の財政赤字は先進国でなぜ最悪なのか? 後編
    13.  管理論2:人事管理論──国家公務員の総量抑制方式はなぜ機能したのか? 前編
    14.  管理論2:人事管理論──国家公務員の総量抑制方式はなぜ機能したのか? 後編
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    51 ghxj0qpl. sl160 『行政学』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    原田久法律文化社9784589037909

  • 参考文献

    タイトル著者名出版社ISBN
    51pjk92g46l. sl160 『行政学』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    西尾勝有斐閣4641049777
    31rm04mbdyl. sl160 『行政学』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    真渕勝有斐閣4641049831
    41%2bnktp7ggl. sl160 『行政学』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    曽我謙悟有斐閣4641124833

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    初回の講義のみ資料を配布する。事前にダウンロードあるいはプリントして講義に臨むこと。受講後,教科書で示している文献やサイト等にあたり講義内容の理解を深めること。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています