Kinkura2

この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2018経済学部経済学科・経済政策学科・会計ファイナンス学科山口 隆太郎
火・3
8302池袋Campusmateへ
  • 科目コード/科目名

    自動登録・抽選登録/情報処理入門2(An Introduction to Information Processing(2))

  • テーマ/サブタイトル等

    経済系のための情報活用2

  • 担当者

    経済学部教員が担当

  • 備考

    1年次は自動登録(BX342~352)2~4年次は抽選登録(BX354)

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    ECX1040

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)50%
    平常点(In-class Points)50%各回の課題(50%)

    4回以上の欠席は原則として不合格。

  • 授業の目標

    授業の目標は,パソコンを利用した実習により,経済・財務・会計データを分析する方法を学ぶことである。

  • 授業の内容

    テキストに沿いながら,実習を進めていく。多くの経済データに触れ,その有効活用の方法を学ぶ。各分野で活用されている種々の分析方法を,原データを使って理解することを内容とする。この学習を通じて,統計的な数量分析の力を身に着ける。

  • 授業計画

    1.  外国為替レート変化の分析
    2.  個票データの集計
    3.  ピボット・テーブルの活用
    4.  人口ピラミッドの描画
    5.  企業動向調査の分析
    6.  地域に関する経済分析
    7.  不平等度の測定(ジニ係数とローレンツ曲線)
    8.  経済成長の要因分解
    9.  債券価値変動の理解
    10.  損益分岐点分析
    11.  環境指標の理解(単回帰分析)
    12.  消費の変動分析(多元回帰分析)
    13.  金融投資のリターンとリスク
    14.  秋学期のまとめ
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    51v5pttbyul. sl160 『経済系のための情報活用1 Office2013対応』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    菊地進・岩崎俊夫編著実教出版978-4-407-33233-9
    51jn2if8mhl. sl160 『経済系のための情報活用2 Office2013対応』
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    菊地進・岩崎俊夫編著実教出版978-4-407-33628-3

  • 参考文献

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    情報処理入門1の内容を復習しておくことが大事である。テキストは事前に読んでくることを前提に授業を進める。単位取得には授業時に課されたレポート・課題の提出が必要となる。

  • その他(HP等)

    2016年度1年次入学者で,春学期科目の情報処理入門を履修した者は自動登録される。

  • 注意事項

Kinkura2
まだレビューがありません😭

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業