パーソナリティの心理

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2019全学部共通カリキュラム総合系科目(2016~)清水 裕
金・2
4402池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    パーソナリティの心理(Psychology of Personality)

  • テーマ/サブタイトル等

    日常生活とパーソナリティ

  • 担当者

    清水 裕(SHIMIZU YUTAKA)

  • 備考

  • 学期

    秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 2時限 4402

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP2400

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    FD105

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)70%
    平常点(In-class Points)30%授業内に指示した提出物(30%)
  • 授業の目標

    パーソナリティについて自己洞察を深めるとともに,日常生活の中でのパーソナリティの影響について理解を深める。

  • 授業の内容

    パーソナリティの定義と形成過程・構造などに関する理論および理解の方法について解説した後,対人関係・対人行動・心身の健康とパーソナリティとの関連性について,具体的な研究も示しながら考察する。

  • 授業計画

    1.  パーソナリティとはどのようなものか
    2.  パーソナリティの研究史
    3.  パーソナリティに関する考え方1 類型論
    4.  パーソナリティに関する考え方2 特性論
    5.  パーソナリティに関する理論1 構造論
    6.  パーソナリティに関する理論2 現象学的理論
    7.  パーソナリティの測定法 (観察・面接・テスト)
    8.  パーソナリティの発達 遺伝と環境
    9.  対人関係とパーソナリティ1 同性の友人関係の進展過程
    10.  対人関係とパーソナリティ2 異性の友人関係の進展過程
    11.  心身の健康とパーソナリティ1  精神疾患
    12.  心身の健康とパーソナリティ2 心理的不適応
    13.  心身の健康とパーソナリティ3 心理療法
    14.  パーソナリティの適応的変容
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    『性格心理学への招待[改訂版]』詫摩武俊・瀧本孝雄・鈴木乙史・松井豊サイエンス社4-7819-1044-0

  • 参考文献

    参考文献は授業時に適宜指示する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    前の週に次回の授業で使用するプリントを配付する。次回までの準備学習については、この時に指示する。

  • その他(HP等)

    板書の講義中心とするが、プリントや視覚教材も用いる。

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

関連授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています