この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

思想を生み出すキリスト教

年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2017全学部共通カリキュラム総合系科目(2016~)岩田 成就
水・4
5222池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    思想を生み出すキリスト教(Christianity and Philosophy)

  • テーマ/サブタイトル等

    聖書の物語と現代の思想

  • 担当者

    岩田 成就(IWATA SHIGENARI)

  • 備考

    ・2016年度以降1年次入学者対象科目・学びの精神科目

  • 学期

    秋学期(Fall Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    CMP1100

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    筆記試験(Written Exam)60%
    平常点(In-class Points)40%授業への参加度(40%)

    筆記試験はすべて持ち込み可。授業への参加度は出席、リアクションペーパー、授業態度などによって判断する。

  • 授業の目標

     欧米の思想の源泉である聖書の物語に親しみ、それを単なる文化や教養の問題としてではなく、自分自身の生きる意味の問題として考えること。

  • 授業の内容

     近現代の欧米の思想は、土壌となったキリスト教思想とどのように関わっているのだろうか?聖書の中からいくつかの有名な箇所を取り上げ、そこに描かれた物語が、近現代の思想家たちによってどのように受け止められたかを学び、そのことを通して、神、人間、罪、救いといった問題について考えを深めていく。受講者には授業で紹介する思想家の考えを参考にしつつも、最終的には自分なりの理解をもつことを目指していただきたい。

  • 授業計画

    1.  オリエンテーション
    2.  創造か進化か?:創造物語(創世記1章) ダーウィン、ベルクソン、ホワイトヘッド
    3.  創造か進化か?:創造物語(創世記1章) グールド、ドーキンス
    4.  人間とは何か:堕罪物語 (創世記3章) アウグスティヌス、カント、キルケゴール
    5.  人間とは何か:堕罪物語 (創世記3章) ゲーレン、バタイユ、
    6.  宗教と倫理・アブラハムの物語(創世記22章) キルケゴール
    7.  宗教と倫理:アブラハムの物語(創世記22章) ブーバー、カント、レヴィナス、デリダ、
    8.  悪の問題:ヨブの物語(ヨブ記)  キルケゴール
    9.  悪の問題:ヨブの物語(ヨブ記)  ユング
    10.  他者とは誰か:よきサマリア人の物語(ルカ10章) アウグスティヌス、ゴッホ、トルストイ
    11.  他者とは誰か:よくサマリア人の物語(ルカ10章) レヴィナス
    12.  イエスとは誰か:イエスの物語(福音書)  ヘーゲル、シュライエルマッハー、シュトラウス、ルナン
    13.  イエスとは誰か:イエスの物語(福音書) キルケゴール、バルト、ブルトマン
    14.  まとめ
  • テキスト

    教科書はとくに使用しない。

  • 参考文献

    詳しくは授業中に紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    各回のノートはしっかりと取り、授業内容を理解しておくこと。筆記試験では、このノートを持ち込み、授業内容についての問いに解答してもらう。詳しくは最初の授業で詳しく説明するので、必ず出席すること。

  • その他(HP等)

  • 注意事項

レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

機械学習によるオススメ授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています