Kinkura2
年度学部学科講師学期コマ教室キャンパス備考URL
2019法学部法学科・国際ビジネス法学科・政治学科幡野 弘樹
通年水・3
AB01池袋特になしCampusmateへ
  • 科目コード/科目名

    EX021/民法1(その他)(Civil Law 1)

  • テーマ/サブタイトル等

  • 担当者

    幡野 弘樹(HATANO HIROKI)

  • 備考

    法学科2年次以上,国際ビジネス法学科全学年,政治学科全学年

  • 学期

    通年 (Full year) 水曜日(Wed) 3時限 AB01

  • 単位

    4単位(4 Credits)

  • 科目ナンバリング

    LPX2200

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

    EX021

  • 授業の目標

    民法総則についての基本的な理解を得ることを目指す。

  • 授業の内容

    民法は私人と私人の関係を規律する基本的な法律であり,これから学生諸君がさまざまな法領域を勉強するに際しても,しばしば民法に関する基礎的素養が必要となる。本講義では,その民法の学習の出発点として、民法総則(民法典第1編総則の部分。第1条から第169条まで)を検討対象とする。

    民法 の世界では、私人と私人の関係を「人」と「物」と「行為」という3つのファクターに着目して規律している。この民法の基本的な思考枠組を用いながら,民法総則が規律していることがらについて,具体的な問題を解決できるようになることが本講義の目標である。できる限り分かりやすく,具体例を用いて授業を進める予定である。

  • 授業計画

    1.  序論1:民法とは何か,民法の思考枠組みなど
    2.  序論2:民法の歴史,民法総則の全体像など
    3.  第1章 契約の成立
     第1節 合意の存在①
    4.   第1節 合意の存在②
    5.   第2節 合意の有効性(その1:要件)①:錯誤・詐欺・強迫
    6.   第2節 合意の有効性(その1:要件)②:錯誤
    7.   第2節 合意の有効性(その1:要件)③:錯誤・消費者取引法
    8.   第2節 合意の有効性(その1:要件)④:公序良俗
    9.   第3節 合意の有効性(その2:効果)①:無効と取消
    10.   第3節 合意の有効性(その2:効果)②:無効と取消
    11.   第3節 合意の有効性(その2:効果)③:第三者保護
    12.   第3節 合意の有効性(その2:効果)④:第三者保護
    13.   第3節 合意の有効性(その2:効果)⑤:第三者保護
    14.  第2章 契約の効力
     序 条件と期限, 第1節 契約内容の確定
    15.   第2節 債権の消滅①
    16.   第2節 債権の消滅②
    17.   第2節 債権の消滅③
    18.  第3章 契約の主体・客体
     第1節 契約の主体:人の能力①:権利能力・意思能力
    19.   第1節 契約の主体:人の能力②:行為能力
    20.   第1節 契約の主体:代理①
    21.   第1節 契約の主体:代理②
    22.   第1節 契約の主体:代理③
    23.   第1節 契約の主体:代理④
    24.   第1節 契約の主体:代理⑤
    25.   第1節 契約の主体:法人①
    26.   第1節 契約の主体:法人②
    27.   第1節 契約の主体:法人③
     第2節 契約の客体①:物
    28.   第2節 契約の客体②:物・取得時効
  • テキスト

    タイトル著者名出版社ISBN
    41 lknsrmsl. sl160 民法総則[補訂版]
    Amazonで購入
    *買い間違えにご注意ください。
    原田昌和・寺川永・吉永一行日本評論社978-4535806849
    判例30!民法1総則原田昌和・秋山靖浩・山口敬介有斐閣464113782X

  • 参考文献

    適宜授業中に紹介する。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    予習よりも,復習が重要であると考えている。
    コメントカードを用いたフィードバックを予定している。

  • その他(HP等)

    レジュメをBlackboard上に掲載する予定である。

  • 注意事項

Kinkura2
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。

関連授業

この授業を履修した人は、こちらの授業も履修しています