この授業は過去の授業です。2019年度に同名・同教授の開講はないようです。

文学部 / 基幹科目

漢文学概論

年度・学期コマ教室
2017 / 春水・4
8101
講師キャンパス備考
原 克昭
池袋特になし
レビューを見るには、1つ以上レビューを書く必要があります。
1年生はログインすれば閲覧が可能です。
Review blur to signup
  • 科目コード/科目名

    AL219/漢文学概論(Introduction to Chinese Litrature)

  • テーマ/サブタイトル等

    「漢文学」をひらく~漢字・漢文×日本文化史×教育教養~

  • 担当者

    原 克昭(HARA KATSUAKI)

  • 備考

  • 学期

    春学期(Spring Semester)

  • 単位

    2単位(2 Credits)

  • 科目ナンバリング

    ART1300

  • 使用言語

    日本語(Japanese)

  • テキスト用コード

  • 成績評価方法・基準

    種類割合内容
    レポート試験(Report Exam)60%
    平常点(In-class Points)40%出席参加度・受講レビュー・漢文読解シート(40%)
  • 授業の目標

     漢文読解力(漢字・漢文法・訓読法)の基礎養成とともに,文学・言語・文化・教育・社会を見据えた新たな「漢文学」の視座の獲得をめざす。また,文学研究・国語科教職・一般教養を想定した実践的活用法を修得する。

  • 授業の内容

     本講では,中国・日本の古典漢文はもとより,近現代日本における文学・言語・文化・教育・社会の諸相を射程に「漢文学」理解の深化と拡大をはかる。各講は「基本編/応用編/実践編」を基調として,参加者の漢文習熟度・履修状況に応じて柔軟に対応してゆく。

    「基本編」――漢文読解力の基礎力~実践力養成
    「応用編」――「漢字文化圏/漢文文化圏/漢文脈/漢文力」の学際的・多元文化的理解・漢文学からみた日本文化史の再構築
    「実践編」――文学研究・教職志望者・一般教養にむけた漢字・漢文学の位相・活用法・教養漢文の可能性

     なお,下記の「授業計画」は時系列でなく,各講ごとに「基本編/応用編/実践編」を同時並行して進めてゆく。

  • 授業計画

    1.  開講ガイダンス/履修状況調査
    2.  入門編―漢字・漢文学の考現学
    3.  基本編―漢字・漢文読解の基礎
    4.  基本編―漢字・漢文読解の発展
    5.  基本編―漢字・漢文読解の応用
    6.  基本編―漢字・漢文読解の実践
    7.  応用編―漢文でよむ日本古代の日常と生活
    8.  応用編―漢文でよむ日本中世の思想と宗教
    9.  応用編―漢文でよむ日本近代の学問と素養
    10.  応用編―近代化する漢字・漢文学/日中比較研究の視座から
    11.  実践編―「漢字文化圏/漢文文化圏/漢文脈/漢文力」の再構築(レポート初期設定)
    12.  実践編―漢文教育の活用法(学校で問われる漢字・漢文力~初等教育・中高等教育)
    13.  実践編―教養漢文の可能性(社会で問われる漢字・漢文力~一般教養・採用試験)
    14.  漢文学概論の総括/レポート執筆要綱の説明
  • テキスト

    各講プリント・受講レビュー・漢文読解シートを配布する。漢和(漢字)辞典は各自で用意(電子辞書も可)。

  • 参考文献

    開講中に「レポート作成のてびき」と併せて「参考文献リスト」を配布・紹介する。なお、受講に際しての漢文習熟度は問わない。「漢字・漢文学」に対する積極的アプローチが臨まれる。

  • 授業時間外(予習・復習等)の学習

    漢文読解力(漢字・漢文法・訓読法)の習得
    配付資料・参考文献を活用した「レポート試験」の作成・提出

  • その他(HP等)

  • 注意事項

情報は最新ではない可能性があります。正確な情報はCampusmateを確認してください。
Campusmateへ

機械学習によるオススメ授業